Print this 固定ページ

情報公開

活動概要

活動概要 役員名簿 総会資料 定款
活動分野 高齢者、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、市民活動団体の支援
【設立の経緯】2001年2月札幌市社会福祉協議会で18名が集まりNPO法人シーズネットの設立発起人会を開き、岩見太市が初代理事長に就任。
元気高齢者の全道ネットワークを立ち上げることを発表する。
サラリーマンの縦の社会から横の社会への切り替えをはかり、シニアの仲間づくりと役割づくりの場の提供を目指している。
2013年10月、初代理事長の岩見太市逝去により、新理事長(2代)に奥田龍人が就任。

【代表者の経歴】

  • 昭和27年生。同志社大学法学部卒業。
  • 道職員として道立障害者施設、児童相談所、医療法人で在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターなどに勤務。元北海道社会福祉士会会長、元札幌市介護支援専門員連絡協議会会長。
  • 平成25年10月にNPO法人シーズネット理事長に就任。

平成27年度事業報告
Ⅰ.事業活動環境の改善
1.認定NPO法人として賛同者を増やす活動
シーズネットの財政基盤を改善するともに、寄付金等をより多く集める活動を通して、平成27年度の寄付受付額は、424,873円でした。
Ⅱ.仲間づくりの推進
1. 会員数の維持とサークル活動の活性化
(1) 会員数の状況
952名(3月末時点) (新規加入155名 / 退会者164名前年度比-9名)
(2) サークル活動の活性化
① サークル・グループ活動の状況
毎年度延1万人を超える参加者が活動し34サークルが活動
② 推進会議の開催
毎月各サークル・グループの代表及び事務局スタッフが参加しサークル・グループ間の交流・調整など、活動の活性化に向けて取り組みました。
2.支部活動への支援と活性化
(1)支部活動への支援
支部代表者と運営会議メンバーとで支部代表者会議を2回開催し、活動を活性化のため懇談しました。
(2)支部活動の状況
① 旭川支部
毎月定例役員会を開き、当月の行事スケジュールを決めて、サークル活動、交流会、健康増進を目的としたスポーツ例会や研修・学習会を行いました。
② 空知支部
支部活動の拠点の廃止に伴い活動を休止しました。
③ 函館支部
毎月定例役員会を開き、前月の活動報告、翌月の活動計画を決めて、隔月発行する支部通信で会員に周知を図り、サークル活動、会員交流を中心に活動している他、地域に対する貢献として地域清掃活動、赤い羽根街頭募金活動のほか、他団体とも積極的に連携するなど、市民に向けての活動にも取り組みました。
3.研修会・勉強会の開催
会員の見識を高め、新規会員獲得にもつなげることを目的に、毎月「シニアのための知恵袋講座」を開催し、延べ248人(内会員外30名)の参加。
4.会員交流活動の推進
全会員を対象にした交流の場として、毎年恒例の「シーズネット祭り」「新春交礼会」を開催するとともに、サークル間での合同交流を開催しました。サークル・グループ活動主宰者が自発的に役割を担い、サークル間の密接なつながりをもって会員相互の支え合いの関係を醸成する交流を実施できました。
(1)シーズネット祭り
シーズネット事務局活動等の紹介のほか、6サークルによる活動状況発表があった他パネル展示や写真展示によりサークル紹介を行った。(参加者208名 内訳 会員186名 市民22名)
(2)新春交礼会
日 時 平成28年1月29日(金)16時00分~18時00分
場 所 KKRホテル札幌3階 鳳凰の間
参加者60名
奥田理事長の挨拶と乾杯から交礼会がスタートし、豪華にも「JIVE」と「K&TOYS」の2バンドの生演奏と舞踊3曲に引き続きビンゴゲームで会場を盛り上げ、最後に出席者全員でシーズネット賛歌を大合唱して盛会裏に宴を終えました。
(3)合同開催による交流会
複数サークルの共同企画で交流会を行った(参加者38名)
(4)高齢者福祉バスの活用
札幌市社会福祉協議会が提供する高齢者福祉バス制度を活用し、サークル活動等のバリエーションや体験エリアを広げ、活動の活性化を図るため積極的に活用を図りました。(2台活用)
Ⅲ.居場所づくりの展開
地域に住む会員の交流の場として、また、広く市民が集える場を提供する活動としてサロンの開設及び開設・運営の支援を行いました。
(1)地域交流サロン活動
① サロン「このはな」
土、日、祝日を除く平日の10時~16時の時間帯に支援者が毎日常駐したサロン活動は4年目を迎え242日開設し延べ1,757名の利用があった。利用者の65%は豊平区内であったが、同団地内の利用者は32名減少した。
② シネマサロン「なないろ」
月1回団地内の管理センターを活用し、映画の鑑賞とその解説や参加者同士の交流を図るためのサロンを開き、延べ630名の参加があった。
(2)札幌市シニアサロンモデル事業立上げ支援
「札幌市はつらつシニアサポート事業」を活用したサロンの開設等に係る団体の申請業務及び事業活動報告等の作成の指導及び支援を行うことを札幌市と協定を結んでいるが、今年度は実績がなかった。
(3)もみじ台管理センター有効活用支援
市営もみじ台団地管理センターの有効活用事業と連携し、スタッフとして運営に関わるとともに、厚別区もみじ台地区住民の高齢者の見守りや支え合い活動を推進しています。
① もみじ台管理センター有効活用支援
受付業務、図書館業務等を支援しています。
② もみじ台地区支え合い活動
もみじ台地区住民の交流活動として、もみ人ふれあい祭り、シネマサロンなないろ(前掲)、もみじ台写真サークル支援等の活動をしています。
③ なないろテントの活用促進
「なないろテント」は、モデル町内会と連携して、テントの活用をスタートしましたが、今年度は活用対象を拡大し、モデル町内会だけに限らない地域の活性化活動に貢献しております。
Ⅳ.役割づくり事業の展開
1. 受託事業
(1)サービス付高齢者向け住宅登録事業(北海道、札幌市)
サービス付き高齢者向け住宅登録制度は、北海道所管分と札幌市所管分を受託し27年度末登録数は北海道所管分が147件4,895戸、札幌市所管分が179件8,648戸となっています。年度を経る毎に新規登録件数は少なくなっているが、登録済み住宅の増加に伴い変更登録件数が増加している。
(2)中国・樺太等帰国者支援事業(北海道社会福祉協議会の委託)
厚別区もみじ台には、多くの中国・樺太帰国者とその家族が居住し現在約400人以上となり、特に、約80人の一世、二世の方の中には、地域で生活を送る上で言葉が通じないとか、生活習慣の違い、そして帰国者自身の高齢化で、医療・介護など様々な問題を抱えております。帰国者が孤立しないように、サロンを月1回もみじ台管理センターで開催しています。(9回開催 参加延人数175人)
2.自主事業
(1)北海道孤立防止ネットワーク事業
超高齢社会において地域での孤立化を防ぐために①相談窓口②講演・シンポジウムなどの啓蒙普及を図り、また地域連携ネットワークづくりの実現に向けて活動しております。
(2)話し合いたい(傾聴)サポーター派遣事業
孤独・孤立になりがちな状況を傾聴というアプローチで緩和する事を目的に高齢者向け住宅などに傾聴ボランティアを派遣する事業を自主事業としておこないました。(派遣先4件/延べ18回)
(3)認知機能低下予防講座(脳活塾)
認知機能の機能低下予防を目的とした学校形式の塾を開講しました。認知機能の低下予防を目指し、定期的な効果測定を行うことで、「やる気」と「自主性」を養っています。また、脳の活性化はもとより、「友達作り」「生活意欲の活性化」「孤独感の解消」にも役立っています。(登録人数:一学期(1~3月)35名)
3.市民ボランティアへの積極的な参加
(1)札幌市大通花壇ボランティア
シーズネット10周年を記念してスタートした大通り公園花壇ボランティア活動は7年目を迎え、大通公園西3丁目にあるボーダー花壇を37名で苗植え、花草取り等を実施した。
(2)森林再生団体型森林づくり事業
野幌原生林風倒木再生事業に参加し、担当する0.2ヘクタールの下草刈り、ツルきり、育成管理を20名で実施するほか、水源の森での植樹や、森林講演会の開催など森林の環境を体感しました。
(3)除雪ボランティア
福祉除雪ボランティアを募集しましたが、今年度は前年度に引き続き、一人の参加者もなく、活動を行うことができませんでした。これはシーズネットの会員が年々高齢化していることが起因しているものと考えられます。
Ⅴ.地域協働への取り組み
1.町内会との協働
鉄西地区町内会と平岸地区町内会に加入し、地域活動に積極的に協力しています。特に鉄西連合町内会が中心となって、住みよい地域づくりを図るため、約30の各種団体が参加する「鉄西コミュニティネットワーク会議」に参加し啓発活動などの連携・協力に努めています。
2.イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン
全国のイオングループが展開している「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」の札幌苗穂店に団体登録し、会員の皆様に毎月11日のイオンデーに黄色いレシートをシーズネットの指定ボックスに、投函していただくようお願いするとともに、事務局員がイオン苗穂店に出向き、買い物客に黄色いレシートの投函を呼びかけた結果、33,600円のギフトカードを受けることができました。
Ⅵ.事務局主体活動
1.新入会員オリエンテーション
新入会員オリエンテーションを毎四半期ごとに開催し、30名の参加がありました。新入会員のシーズネットへの入会動機等を発表していただき、シーズネットの事務局の役割、サークル活動の現状、シーズネット通信の読み方などについて説明した後、シーズネット活動への参加を呼びかけました。
2.シーズネット通信の発行
毎月、約1200部の広報誌を発行し、会員宛ての送付、札幌エルプラザ、札幌市生涯学習センター(チエリア)、道立市民活動センター、イオン発寒店の広報スタンドへ掲出していただくとともに、町内会、各種福祉団体、行政の出先機関、各マスコミ等へ配布しています。今年度の取り組みでは紙面の構成をリニューアルして、シーズネットの取り組み方針等をわかりやすく解説する等、会員の理解を深めるとともに情報交換の場として活用していただくことも盛り込みました。
3.ホームページの作成
平成16年6月に開設したホームページを平成26年9月に全面的にリニューアルして、より見やすくするとともに、認定NPO法人に求められる、事業活動状況や決算状況等を広く市民への開示する内容を網羅し継続的に運用しています。
4.各種会議の開催
(1)平成27年通常総会の開催
定款に定める総会を年1回開催し、今年度は494名(出席者70名 委任状424名)の参加がありました。
(2)理事会の開催
通常総会に上程する議案書の議決、中間決算期における活動計画の進捗状況・活動決算の確認、新年度活動計画・予算、定款変更・各種規則の改定についての審議等を行いました。特に今年度は、15編の規定規則類の改定に精力的に取り組みました。(5回開催)
(3)運営会議
運営会議は、業務理事及び事業担当責任者の9名が定例メンバーとして、会員活動の問題解決、各種事業の進捗確認等の当法人活動の円滑な推進を期することを目的に、毎月1回、計12回開催しました。運営会議の内容については、広報誌並びにホームページにも掲載し毎月報告しています。
(4)スタッフ会議
事務局員全員参加の会議で運営会議の取り決め事項の報告、事務局主導の各種行事の徹底と連絡事項の周知徹底を図るため月1回、計12回開催しました。
5.事務局体制の整備
(1) 文書管理等規定の整備
理事会の精力的な取り組みにより、定款をはじめ、15編の規定、規則を見直し改定整備するとともに、いつでも閲覧できる体制を確立しました。
(2) 常勤職員の雇用
財政基盤を確立する基幹となる収益事業を見出すことができず、常勤職員の雇用環境を創りだすことができませんでした。

現在特に力を入れていること
  • 孤立防止、地域連携ネットワーク事業(安心して暮らせる老後のために)
  • 高齢者の住まい関連事業(市民のための住み替え情報の提供と相談業務)
平成28年度事業計画
1.基本的な方針
私たちNPO法人シーズネット(以下「シーズネット」という。)は、創設者である岩見太市前理事長(代表)が掲げた「安心で豊かなシニア人生を創造すること」を使命として歩んできました。
平成26年度以降、シーズネットの活動の三本柱である「仲間づくり、居場所づくり、役割づくり」にもう一つの柱として「支え合い」を加え、故岩見代表が最後まで説いていた「地域家族の時代」の理念をさらに推し進めるべく、「傾聴ボランティア」、「配食・共食モデル事業」、「認知機能低下予防講習事業(脳活塾)」等の高齢者に向けた生活支援事業に取り組んでまいりました。
少子高齢化が著しく進行し、この現象に伴う社会問題がいろんな形で顕在化し、高齢者の福祉環境へも大きなしわ寄せが余儀なくされてきております。
私たちは、このような社会的背景の中、「地域家族の時代」を手本として、希薄化して繋がりが無くなっていく社会の現状に対し、地域が家族のような役割を果たす取り組みを継続することを通して、高齢者の心身の健康を増進し、社会参加、社会貢献に寄与する活動を推し進めたいと思います。
2.事業計画
(1) 認定NPO法人としての活動への賛同者を増やします
シーズネットの活動は、そのほとんどがボランティアによって支えられており、また収益事業を一切行っていないので、典型的な非営利活動をしているといえます。
しかし、その分財政基盤が脆弱であるので、私たちの活動の意義を広く世間に知らせ、賛同者を募り寄附金等をより多く集める体制を作る必要があります。
そのため認定NPO法人としての適切な組織運営や経理処理、ホームページ等における適切な情報公開などを行います。組織運営に関しては、生活支援事業を軌道に乗せ、常勤職員を雇用して運営できるようにします。また、生活支援や地域の孤立防止対策などに取り組む中で、賛同者を増やし寄付金を増やしていけるような運営に当たりたいと思います。
(2) 多様な活動の場の提供による「仲間づくり」の推進
会員同士のコミュニケーションの機会を増やす場の提供が大切になっています。引き続き、サークル活動の質的、量的拡大、会員同士が結び付きやすい場の提供などに努めます。
<重点目標>
① サークルの数を増やし、会員数900名台を維持します。特に趣味活動を充実させるため講師陣の発掘に努めるとともに、個人レベルの楽しみだけに終わらせるのではなく、その成果や果実を地域や社会での活動に結び付けるよう努めます。
② 各支部の活動については、従来通り支援をしていきます。引き続き支部代表者会議を開催し、支部活動の在り方について支部代表者と検討する場を持ちたいと考えております。
③ 会員向けの研修や勉強会の場として、また、新規会員獲得の機会として「知恵袋講座」をいっそう充実していきたいと思います。
④ 会員の交流の場としては、従来の「新春交礼会」にこだわらず、より効果的な場及び機会をとらえて開催するとともに、サークル活動の発表の場及び市民への周知・啓蒙の場として「シーズネット祭り」などにも取り組みます。
⑤ 会員の1/3以上が、未活動会員と想定されることから、札幌市内で区別に会員意見交換会を開催し、意見聴取する中から、改善に向けた取り組みを、準備が整った区から順次開催します。
(3) 地域での「居場所づくり」の展開
地域に住む会員同士が交流できる機会を数多くつくり、孤立しない環境をつくることが必要です。会員が自らサロンを開設・運営する場合の支援体制を整え、積極的に支援します。同時に地域交流サロンにみられる小地域との結びつきにも積極的に取り組みます。市民のサロンづくりにも協力します。
<重点目標>
① 地域交流サロンこのはなの活動の充実をはかるとともに、シネマサロンなないろの規模拡大と出前開催のほか、地域の各地でサロンができるよう支援します。
② 厚別区もみじ台管理センターの運営に協力し、もみじ台地区の住民の地域支え合い事業に協力します。
③ 厚別区もみじ台で実施している「なないろテント」の取り組みを、同区内及び他地区へも拡大できるよう支援します。
④ 札幌市サロン運営補助事業に協力し、市民のサロン立ち上げの技術的アドバイスを行います。(4) 社会貢献活動による「役割づくり」の展開
地域貢献活動として自主事業・受託事業を推進していますが、現状の取り組みをより向上させ、改善に取り組むとともにシーズネットの財源を改善するために生活支援事業を中心とした新たな事業展開にも取り組みます。
<重点目標>
① 北海道と札幌市から委託されているサービス付き高齢者向け住宅登録事業について、制度スタートから5 年を経過し、今年度は更新分の登録が発生することから、作業体制を整備し、堅実な運営を行います。
② 自主事業として「北海道孤立防止ネットワークセンター」を運営し、引き続き地域での孤立防止対策に取り組みます。具体的な取り組みとしては、全市の町内会等での懇話会、市民向けセミナーなどを開催します。また、住まいの情報セミナーの開催を引き続き支援します。
③ 生活支援を必要とする高齢者へ、介護保険外サービスとしての生活支援を提供できる事業化を目指すとともに、介護保険外サービスを提供する団体を紹介するガイドブックを製作し、必要とする団体・個人に情報提供します。
④ 「大通花壇づくり」や「森林づくり事業」などに取り組む会員を募り、市民ボランティア事業に積極的に協力します。
⑤ 北海道社会福祉協議会から委託を受けて実施している「北海道中国帰国者支援事業」を引き続き実施しますが、今年度は実施対象エリアを手稲区にも拡大して実施します。
⑥ 札幌市社会福祉協議会が指定管理者として運営する、札幌市保養センター駒岡で開催する文化講座を支援します。
⑦ 「福祉サービス第三者評価」事業として、「評価機関」認証登録が完了したので、評価事業研修会を開催するとともに、評価対象事業所に働きかけ積極的に事業活動を展開します。
⑧ 高齢期の認知機能低下に備えて、認知機能低下予防講座「脳活塾」を開講しましたが、さらに講座の充実と受講者の拡大を図るとともに、認知機能低下予防講師の養成にも着手します。
⑨ 高齢者向け住宅や施設などへの傾聴ボランティア「話し合いサポーター」の派遣事業に引き続き取り組みます。
⑩ 地域課題解決に向けて、団塊の世代を取り込めるようなソーシャルビジネス分野の進出について、他の団体とのネットワークづくりと連携して実現を目指します。
(5) 他団体とのネットワークづくり
さまざまな事業展開を行い、それを拡大していくためには財源の確保と民間企業も含めた他の関係団体との連携を欠かすことができません。
行政からの委託事業のほかに多様な助成制度に目を向けて、シーズネット活動に適用できるような助成金事業には、できるだけ応募すると同時に、シーズネット独自で事業を行うことはもとより、行政や民間企業、NPO団体などの関係団体と連携してネットワークづくりに積極的に取り組みます。
<重点目標>
① 各種助成金の活用により、シーズネットの目的に沿った新たな活動を展開できるよう検討します。
② シニアの住まいの相談窓口として定着した「あんしん住まいサッポロ」が一般社団法人として独立することに伴い、今後は密接な協力団体と位置づけ、連携して活動します。住まいの情報誌などの発行、売り上げに協力します。
③ シニア人生の多様なニーズに対応するため、他のNPO法人や民間企業とも積極的に連携して、課題解決に努めます。
④ 鉄西地区町内会、平岸地区町内会など、日ごろからお世話になっている団体との連携・協働に努めます。
⑤ 札幌市の「空き家対策事業」に協力し、関係する団体と連携して、安心・安全な地域づくりに努めます。
(6) 事務局運営
認定NPO法人として、事務局体制の強化は欠かせません。最大の課題は組織マネジメントです。ボランティアだけでは限界がありますので、生活支援事業等に取り組む中で、常勤社員を雇用できる体制を目指します。
<重点目標>
① 組織マネジメントにかかわる常勤社員が雇用できる環境づくりに努めます。
② 文書管理規則をはじめとする、各種規定の適正運用により認定NPO法人として適切な組織運営のための事務管理体制を強化します。
③ 組織運営体制に基づく担当分掌は適正に遂行します。
④ 総会議事録、理事会議事録、役員体制等の情報公開を積極的に行います。
⑤ 新入会員のオリエンテーションを四半期ごと定例に開催し、NPO活動の理解を深めるとともに、リーダーとして資質の高い会員の掘り起こしを図ります。
⑥ シーズネット通信の毎月発行を継続し、会員への送付するほか、公共施設の掲出ラックの活用、広報活動団体への送付、ホームページの活用等を通じてシーズネットの活動を広く周知する活動を継続して行ないます。
定期刊行物
  • シーズネット通信(毎月1200部発行)
  • シニア住まい情報さっぽろ(2年に1回発行・2013年版は4000部作成、約400件の高齢者向け住宅の紹介)
活動概要 役員名簿 総会資料 定款

役員名簿

活動概要 役員名簿 総会資料 定款
役 職 氏  名 役 職 氏  名
理 事 長 奥田 龍人 理  長 國本 正雄
理  事 千秋 憲博 理  事 鐵川 幹夫
理  事 山根 勝利 理  事 杉谷 憲昭
理  事 小野 忍 理  事 青木 基成
理  事 大島 康雄 理  事  神内 秀之介
理  事 山本 純子
監  事 猿渡 照夫 監  事 篠塚 正徳
平成28年6月1日~

総会資料

活動概要 役員名簿 総会資料 定款

定款

活動概要 役員名簿 総会資料 定款


シーズネット定款(2014/9/10~)

Permanent link to this article: http://www.seedsnet.gr.jp/about/