Print this 固定ページ

情報公開

活動概要

活動概要 役員名簿 総会資料 定款
活動分野 高齢者、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、市民活動団体の支援
【設立の経緯】2001年2月札幌市社会福祉協議会で18名が集まりNPO法人シーズネットの設立発起人会を開き、岩見太市が初代理事長に就任。
元気高齢者の全道ネットワークを立ち上げることを発表する。
サラリーマンの縦の社会から横の社会への切り替えをはかり、シニアの仲間づくりと役割づくりの場の提供を目指している。
2013年10月、初代理事長の岩見太市逝去により、新理事長(2代)に奥田龍人が就任。【代表者の経歴】

  • 昭和27年生。同志社大学法学部卒業。
  • 道職員として道立障害者施設、児童相談所、医療法人で在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターなどに勤務。元北海道社会福祉士会会長、元札幌市介護支援専門員連絡協議会会長。
  • 平成25年10月にNPO法人シーズネット理事長に就任。

平成29年度事業報告書(平成29年4月1日~平成30年3月31日)

Ⅰ.調査研究事業として、組織の将来像を検討し、中長期計画を策定する
  今年度の取り組みは、問題点を洗い出し、解決に向けての取り組み事項の整理についての討議は行いましたが、中長期計画の策定までは至りませんでした。

Ⅱ.認定NPO法人としての活動への賛同者を増やす
  今後は、恒常的に携わる社会貢献事業に取り組むことが必要と考えております。
  寄付金集めについては、シーズネット通信に寄付者の名前を掲出する等、寄付促進の努力はしましたが、組織・団体等への取り組みが不十分で、268,339円の寄付となりました。

Ⅲ.「仲間づくり」の推進
 1.サークル数を増やし、会員数1,000名台を維持
 2.支部活動の支援
① 旭川支部
毎月定例役員会を開き、当月の行事スケジュールを決めて、サークル活動、会員相互の親睦とコミュニケーションを図る交流会のほか、健康増進を目的としたスポーツ例会や知識や経験を高める研修・学習会の取り込みを行いました。
    ② 函館支部
    年6回(偶数月)開催の「例会」と「研修講座」、地域交流の取り組みとし
て「野菜バザー」、「NPOまつり参加」、社会貢献活動として「河川敷の清掃」「赤
い羽根街頭募金」に取り組みました。
 3.知恵袋講座の充実
   会員の見識を高め、新規会員獲得へもつなげることを目的に「シニアのための知
恵袋講座」の毎月開催を継続して実施し、年間12回、延248名の参加がありました。
 4.会員交流とシーズネット祭りの開催
   会員交流については、今年度は5月30日の総会開催に合わせて実施した結果、89名の参加がありました。会場を市役所内のレストランを利用したこともあり雑然とした中にも密度の濃い交流が図られました。
   また、シーズネット祭りを9月14日(木)に札幌エルプラザにて開催し、252名(うち一般客54名)の参加がありました。
 5.サークル立ち上げやボランティア活動の窓口を設置
   活動の窓口の設置には至っていませんが、赤い羽根街頭募金ボランティア参加やサークルの立ち上げの呼びかけ等を推進会議担当理事が中心となって取り組みました。
 6.サークル活動の他団体イベントへの参加
   各サークルの主体的な活動に委ねていますが、「シーズネット合唱団」の有料老人ホーム(ヴェラス・クオーレ山の手)への慰問、「楽しいリコーダー入門」のリコーダーアンサンブルP-taとの時計台ホールでの合同演奏会、「麻雀サークル」の札幌市保養センター駒岡の文化講座支援など外部団体と共働して実施する等、他団体との連携に努めました。
    
Ⅳ.「居場所づくり」の展開
 1.地域サロンこのはなの活動の充実
   平成16年10月シーズネット会員の借家からスタートした「サロンこのはな」は、地域コミュニティーとしてUR都市機構と共働開催に移行して5年目となります。
 2.厚別区もみじ台管理センターの運営に協力
   日興美装工業株式会社が札幌市から受託している、厚別区もみじ台管理センターの有効活用事業の運営協力のため、管理運営協議会のメンバーとして運営に参画するとともに、受付業務・図書館業務の担当者2名を雇用し派遣して支援しました。
 3.札幌市サロン運営補助事業に協力
   札幌市との協定で、シニアサロン事業やチャレンジ事業の立ち上げを目指している団体に対して、申請業務や活動報告書等の作成の指導・支援を行ない、事前相談は6件あり、うち1件が立ち上げして運営をスタートしました。
 4.公的住宅等を中心とした孤立防止に向けた講演会等の開催
   公的住宅管理機関と連携して、集合住宅等での孤立防止に向けた講演会等を開催
しました。
 5.暮らしのアドバイス講座の開設
   加齢が進み高齢になることによる、弱点の対応力が高められる情報提供を目的に「これからの暮らしアドバイス講座」を開設しました。
有料で行うことへの危惧を感じておりましたが、好意的な意見が多いとともに、テーマを増やして継続実施の声が多くありました。

Ⅴ.社会貢献活動による「役割づくり」の展開
 1.サービス付き高齢者向け住宅登録事業の堅実な運営
 2.北海道孤立防止ネットワークセンターの運営
 3.介護保険外サービスを提供する団体の情報提供
4.市民ボランティア事業への積極的な協力
(1)大通公園花壇ボランティア
(2)森林づくりボランティア
 5.「北海道中国帰国者支援事業」の継続実施(北海道社会福祉協議会からの委託)
 6.札幌市保養センター駒岡の文化講座支援 
 7.認知機能低下予防講座(脳活塾)の充実
8.傾聴ボランティア派遣事業の継続実施
 9.会員の資格等を把握し、活動へ役立てる仕組みづくり
   現在は、入会申込書の検討の途についた状況で、入会手続きの見直しや資格等の
把握には至っていない。

Ⅵ.他団体とのネットワークづくり
 1.各種補助金の活用
 2.「あんしん住まいサッポロ」と連携して、高齢者の住まいの相談に協力
 3.他NPO法人や民間企業との積極的な連携
 4.鉄西地区町内会等との連携・協働

Ⅶ.事務局運営
 1.常勤社員が雇用できる環境づくり
 2.認定NPO法人としての適切な事務管理体制強化
 3.担当分掌の適正な遂行
 4.情報公開の積極的推進
 5.新入会員オリエンテーション定例開催
 6.シーズネット通信の継続発行と周知活動の継続
 7.会員管理の在り方の検討 
8.各種会議の開催
(1)第16回(平成29年)通常社員総会の開催
(2)理事会の開催
(3)運営会議
(4)スタッフ会議

平成30年度 事業計画書(案)(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
1.基本的な方針
 私たち認定NPO法人シーズネット(以下「シーズネット」という。)は、創設者である岩見太市前理事長が掲げた「安心で豊かなシニア人生を創造すること」を使命として、「仲間づくり、居場所づくり、役割づくり」を活動の柱に据えて歩んできました。
 そしてそれらの結実として「支え合い」の社会を実現しよう、というミッションを掲げて活動してきたところです。
 2001年にシーズネットを創設した頃は「人生80年代」といわれましたが、近年は「人生100年時代」とも言われるようになってきました。ますますシニアが元気で活動することが重要になってきております。シーズネットの活動も一層元気に、一層幅広く展開していくことが求められているといえましょう。今年度も、シニアの心身の健康を増進し、社会参加、社会貢献に寄与する活動を、積極的に推し進めたいと思います。
 昨年度から、シーズネットのあり方などを検討してまいりましたが、目指していた中長期計画の作成には至りませんでした。中長期計画は認定NPO法人としては策定すべきものでありますが、あり方を検討する中で課題として浮かび上がったことは、よ
い意味でも悪い意味でもシーズネットの「いい加減さ」です。いい加減なところが心
地よいし気楽に参加できるという面もあるでしょう。一方、目的意識を強く持つとす
ればそれなりにシーズネットの理念を追求した活動を模索していかねばなりません。
 今年度は、中長期計画の策定の前提として、シーズネットがどのような道を歩むべきなのか、会員の皆様のご意見を伺いながらさらに検討していきたいと考えます。
また、そのためにも会員が自主的に活動する事業として、サークルの一層の充実や様々なボランティア活動への取り組みを支援する仕組みづくりなどに着手したいと考えております。
 会員が「仲間づくり、居場所づくり、役割づくり」を通して繋がっていき、それが社会参加にもなり、社会貢献にもなる、そんな一年でありたいと思います。

2.事業計画
(1)シーズネットの理念を普及させ、活動への賛同者を増やします。
  「仲間づくり、居場所づくり、役割づくり」を基本として「支え合い」の社会を
実現する、というシーズネットの理念をいま一度、アピールしていきたいと思います。新入会員へのオリエンテーションの充実の他、知恵袋講座や住まいのセミナー、各種の広報、マスコミでのPRなどを通して、私たちの活動の目的を広く世間に知らせ、賛同者を増やしていきたいと考えます。
 そのため認定NPO法人としての適切な組織運営や経理処理、ホームページ等に
おける適切な情報公開などを行います。

(2)多様な活動の場の提供による「仲間づくり」の推進
会員同士のコミュニケーションの機会を増やす場の提供が大切になっています。
引き続き、サークル活動の質的、量的拡大、会員同士が結び付きやすい場の提供な
どに努めます。
(3)地域での「居場所づくり」の展開
 地域に住む会員同士が交流できる機会を数多くつくり、孤立しない環境をつくる
ことが必要です。会員が自らサロンを開設・運営する場合の支援体制を整え、積極的に支援します。同時に地域交流サロンにみられる小地域との結びつきにも積極的に取り組みます。市民のサロンづくりにも協力します。

(4)社会貢献活動による「役割づくり」の展開
  地域貢献活動として自主事業・受託事業を推進していますが、現状の取り組みをより向上させ、改善に取り組むとともにシーズネットの財源を改善するために生活支援事業を中心とした新たな事業展開にも取り組みます。

(5)他団体とのネットワークづくり
さまざまな事業展開を行い、それを拡大していくためには財源の確保と民間企業も含めた他の関係団体との連携を欠かすことができません。
 行政からの委託事業のほかに多様な助成制度に目を向けて、シーズネット活動に適用できるような助成金事業には、できるだけ応募すると同時に、シーズネット独自で事業を行うことはもとより、行政や民間企業、NPO団体などの関係団体と連携してネットワークづくりに積極的に取り組みます。
(6)事務局運営
 認定NPO法人として、事務局体制の強化は欠かせません。最大の課題は組織マネジメントです。ボランティアだけでは限界がありますので、新たな事業等に取り組む中で、常勤社員を雇用できる体制を目指します。

定期刊行物
  • シーズネット通信(毎月1200部発行)
  • シニア住まい情報さっぽろ(2年に1回発行・2013年版は4000部作成、約400件の高齢者向け住宅の紹介)

役員名簿

活動概要 役員名簿 総会資料 定款
役 職 氏  名 役 職 氏  名
理 事 長 奥田 龍人 理  長 國本 正雄
理  事 千秋 憲博 理  事 山根 勝利
理  事 杉谷 憲昭 理  事 青木 基成
理  事 大島 康雄 理  事 山本 純子
理  事 宮村 善英 理  事 笠谷 明司
理  事 西原 桂子 理  事 吉田 綾子
監  事 篠塚 正徳 監  事 小野 忍
平成29年6月1日~

総会資料

活動概要 役員名簿 総会資料 定款

定款・規定

活動概要 役員名簿 総会資料 定款


シーズネット定款(2014/9/10~)

シーズネット個人情報保護方針(2018/4/28~)

Permanent link to this article: http://www.seedsnet.gr.jp/about/