Print this 固定ページ

情報公開

活動概要

活動概要 役員名簿 総会資料 定款等
活動分野 高齢者、福祉、保健・医療、教育・学習支援、地域・まちづくり、環境・エコロジー、市民活動団体の支援
【設立の経緯】2001年2月札幌市社会福祉協議会で18名が集まりNPO法人シーズネットの設立発起人会を開き、岩見太市が初代理事長に就任。
元気高齢者の全道ネットワークを立ち上げることを発表する。
サラリーマンの縦の社会から横の社会への切り替えをはかり、シニアの仲間づくりと役割づくりの場の提供を目指している。
2013年10月、初代理事長の岩見太市逝去により、新理事長(2代)に奥田龍人が就任。

【代表者の経歴】

  • 昭和27年生。同志社大学法学部卒業。
  • 道職員として道立障害者施設、児童相談所、医療法人で在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターなどに勤務。元北海道社会福祉士会会長、元札幌市介護支援専門員連絡協議会会長。
  • 平成25年10月にNPO法人シーズネット理事長に就任。

平成30年度事業報告書(平成30年4月1日~平成31年3月31日)

1.シーズネットの理念を普及させ、活動への賛同者を増やす

 シーズネットの理念をアピールするため、新入会員へのオリエンテーション、住まいの情報セミナー、各種の広報、マスコミでのPRなどを通して、私たちの活動の目的を広く世間に知らせ、賛同者を増やす。

2.多様な活動の場の提供による「仲間づくり」の推進

会員の確保とサークル活動の質的・量的拡大、会員同士が結び付きやすい場の提供などに努める

3.地域での「居場所づくり」の展開

地域に住む会員同士の交流の機会を増やすと共に小地域との結びつきにも積極的に取り組みました。

4.社会貢献活動による「役割づくり」の展開

地域貢献活動としての自主事業・受託事業の推進をより向上させるとともに、財源改善のため新たな事業展開に取り組みました。

5.他団体とのネットワークづくり

6.事務局運営

(各事業詳細については総会議案書をご覧下さい)

平成30年度 事業計画書(案)(平成29年4月1日~平成30年3月31日)
1.基本的な方針

私たち認定NPO法人シーズネット(以下「シーズネット」という。)は、創設者である岩見太市前理事長が掲げた「安心で豊かなシニア人生を創造すること」を使命として、「仲間づくり、居場所づくり、役割づくり」を活動の柱に据えて歩んできました。

そしてそれらの結実として「支え合い」の社会を実現しよう、というミッションを掲げて活動してきたところです。

さて、昨年度もこのミッションに向かって様々な活動を広げてきました。昨年度に始めたボランティア活動への取り組みを支援する仕組みづくり(ボランティアポイント制度)などは、その具現化の一歩といえるでしょう。また、昨年度は、こうした活動が評価されて、札幌市条例指定NPO法人の継続認証も認められました。

また、昨年度は、シーズネットがどのような道を歩むべきなのか、様々な機会を通して会員の皆様のご意見を伺いながら検討してきたところです。

今年度は、そうした活動を踏まえ、さらに認定NPO法人としてレベルアップしていく年としたいと考えております。特に、会の存在意義であるシニアがはつらつと活動するための様々な新しい取り組みへのチャレンジと、仲間や賛同者を増やすための広報活動の強化などを重点的に取り組みたいと考えます。

会員が「仲間づくり、居場所づくり、役割づくり」を通して繋がっていき、それが社会参加にもなり、社会貢献にもなる、そんな一年でありたいと思います。

2.事業計画

(1)特定非営利活動に係る事業

①法人の目的に沿った各種の講演会、講習会、研究会等の開催事業

②高齢者等のサロン・サークル等の開催運営事業

③高齢者の福祉向上、居住安定のための相談支援等の事業

④高齢者の認知機能低下予防のための研究等の事業

⑤異世代交流、子育て支援、施設や在宅支援などのボランティア派遣事業

⑥豊かな高齢社会の実現に向けた各種の調査研究事業

⑦介護保険法に基づく指定居宅サービス事業

⑧介護保険法に基づく指定介護予防サービス事業および地域支援事業

⑨福祉サービス第三者評価事業

⑩介護職員初任者研修の開催

⑪その他、目的を達成するために必要な事業

(2)その他の事業

① 物品の斡旋及び販売

② 役務の提供

3.運営計画

(1)理事長の責務

1)認定NPO法人として、適切な運営に努めます。

2)認定NPO法人として、積極的な情報開示に努めます。活動報告、活動計算書、役員体制等の情報公開をホームページ等にて行います。

3)組織運営体制に基づく担当分掌を決め、適正に遂行します。

4)法人の目的の遂行のため、寄付金を募ります。

 

 

(2)運営会議

1)毎月、3役と担当理事、担当者で運営会議を開催し、事業活動と収支活動を検討し、法人としての健全な運営に努めます。

2)運営会議で決定した事項を通信等で会員に開示します。

(3)会員支援

1)月に1度、サークル代表者による推進会議を開催し、適切なサークル運営に心がけます。また、会員交流のあり方などの検討を行います。(1)-②-3)再掲

2)会員の困りごとに関する窓口を設置して、相談支援体制を創ります。新

3)会員交流の場として、「シーズネット祭り」、「会員交流会」を実施します。

4)札幌市内各区ごとに会員意見交換会を実施します。今年度は3区を目標に実施します。新

5)団体会員を増やすためにも、団体会員のメリット付与を検討します

(4)支部活動支援

1)函館・旭川支部活動を支援するため、活動費を支給します。

2)引き続き支部代表者会議を開催し、支部活動の在り方について支部代表者と検討する場を持ちます。

(5)広報活動

1)シーズネットの活動紹介リーフレット新や活動紹介ビデオ新などの作成を通じて、新入会員のオリエンテーションを充実させます

2)シーズネット通信の毎月発行を継続し会員へ送付する他に、公共施設の掲示ラックの活用、広報活動団体への送付をします。

3)ホームページの活用等を通じてシーズネットの活動を広く周知する活動を継続して行ないます。また、ホームページのリニューアルを検討します。

(6)事務局体制

1)文書管理規則をはじめとする、各種規定の適正運用により認定NPO法人として適切な組織運営のための事務管理体制を強化します。

2)入退会の情報把握ができるように会員管理のあり方を検討します。特に退会の事情を分析し、退会者を少なくする取り組みを検討します。

3)引き続き、事務局の業務を担うボランティアを募集します。

4)認定NPO法人の継続認証に向け、事務作業を進めます。

定期刊行物
  • シーズネット通信(毎月1200部発行)
  • シニア住まい情報さっぽろ(2年に1回発行・2013年版は4000部作成、約400件の高齢者向け住宅の紹介)

役員名簿

活動概要 役員名簿 総会資料 定款等
役 職 氏  名 役 職 氏  名
理 事 長 奥田 龍人 理  長 千秋 憲博
理  事 山根 勝利 理  事 青木 基成
理  事 笠谷 明司 理  事 西原 桂子
理  事 吉田 綾子 理  事 大島 康雄
理  事 山本 純子 理  事 宮村 義英
理  事 川尻  明 理  事 渡邊 一栄
監  事 篠塚 正徳 監  事 小野 忍
平成31年6月1日~

総会資料

活動概要 役員名簿 総会資料 定款等

定款・規定

活動概要 役員名簿 総会資料 定款等


シーズネット定款(2018/10/1~)

シーズネット個人情報保護方針(2018/4/28~)

指定NPO法人における閲覧対象書類

役員報酬規則

有期雇用職員給与規則

有期雇用職員給与規則実施細則

Permanent link to this article: http://www.seedsnet.gr.jp/about/